心の声の駄々洩れ

ふと誰かに聞いて欲しいことをぽつりぽつらとかいていきます。

「どっちか」じゃなくて、「どっちも」でいいじゃないか!

 

                 

「田舎でストレスなく、大好きな人と温かいご飯をたべ、自然のなかで丁寧に生きていくのが私の幸せか。それとも、都会で生活感のない綺麗な家で暮らし、贅沢で豪華な生活をして生きていくのが私の幸せか。」

 

こんなことを考えたのは、陶芸体験をしに古い古民家一家に訪れたことがきっかけである。

 

築200年のその家は囲炉裏があって、いつもはそこで家族で食事をするそう。

 

陶芸体験の後にそこで家庭料理をいただいた。とても素朴で、優しい味。料理をつくってくださった奥さんとおばあちゃんには優しさとあたたかさが溢れてた。

 

二人のお子さん(2歳と年長さん)がいて、久しぶりに子どもの声を聴いた。

 

そこの家の時計はとまっていた。陶芸教室にもたしか時計がなかった。

 

この場所には時間がない。時間を忘れて時を過ごすことができる、そんな空間が在った。

 

帰り道には、畑でおばあちゃんがつくった冬瓜をたくさんもらって帰ってきた。あったかい気持ちも一緒に。久々に人と会って、「純粋に、たのしかった」と思えた日だった。

 

帰り道、「こんな幸せのなかで生きていたいなあ。」なんて思いつつ、「ヒールをはいて、思いっきりおしゃれをしてキラキラひかる街路を歩いて、グラスを交わす夜も譲れないなあ。」と欲張りな妄想をしていた。

 

帰り道の間中、母との会話も上の空。「どっちの生活をしたいのか。どっちかに決めなきゃ。」とそのことで頭がいっぱいだった。

 

だけど、ふと「どっちでもいいんじゃないか。どっちか、じゃなくてどっちもでいいんじゃないか!」と。

 

これって、いまの時代色んなことに言えるんじゃないかって。

 

仕事だって、趣味だって、幸せだって、同じレベルで色々欲張っていいんじゃないかって。

 

色々選んで捨てて、かじって、つまみ食いして、色々混ざって、それぞれの幸せができてたらいいんじゃないっかって。

 

「わたしは大好きな人たちと田舎のあたたかさに、ゆたかさ、おだやかさに触れつつ、たまにはきらきらした都会で翔けるようにはじけるように生きていたい。」

 

加筆
人間が「どっちかしか選べない」って考え方って惰性なんじゃないか、って思う。どっちか選んだ未来って、テンプレート的である意味想像しやすい。

 

でももっと頭を使って自分にとって最高な未来を創造しつづけることが大事なんだと思う。

 

ちなみに、今聴いてるアルバムは、Sam smiththe thrill of it all』です。Burning が今の所一番痺れました。ラジオでsexyzoneの佐藤勝利くんは、one last songを流してました。

 

彼のセンス、いいんですよね。一番一緒にドライブしたい芸能人ナンバーワン。

 

話は逸れてしまった。

 

言いたいことは、一度きりの人生だ。飽きるだけ欲張れ、自分!みんな!

 

                  f:id:anonenomonechan:20171114002508j:image

 

#日記 #エッセイ #コラム #生き方 #幸せ #人生 #音楽 #samsmith #サムスミス #thethrillofitall #burning #sexyzone #佐藤勝利 #ラジオ